健康食品、健康サプリメントならこちら!トクホ食品や栄養ドリンクや健康アイテムも!

2021年02月24日

供血犬と供血猫と環境

いつでも受け入れ可能な犬や猫の献血・供血ルームがあ
るはずもなく、それが必要なときに備えて飼育されてい
たりもします。

言われてみれば…当然なのでしょうが、犬にも猫にも血
液型があります。
犬は13種類以上、猫は3種類あるそうです。


それだけの数を常時飼育するのは現実的でないことです
し、数を減らしたとしてもその環境は過酷なものになる
こともあるようです。

ABCニュース:YAHOO!ニュース
【ABC特集】シロ12歳「供血犬」としての壮絶な過去 過酷な環境を生き抜いてたどり着いたのは・・・

Petpedia
【獣医師監修】供血猫・供血犬はどんな役割をしているの?献血ドナーの条件も解説



posted by blomoya at 11:22| Comment(0) | 献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: