健康食品、健康サプリメントならこちら!トクホ食品や栄養ドリンクや健康アイテムも!

2021年02月04日

献血に行ってきましたと献血えくぼと暗示

昨日3日、献血に行ってきました。

今回は117/76-88



一昨日の2日、会社で健康診断がありました。

その中で血液採取する際、献血時にいつも穿刺する左腕
(ひじ)内側のえくぼに気が付いた看護師さんが


「どうしたんですか?すごい窪んでますけど!献血です
か?」



そこで「献血ですか?」って想像できるあたり、なんか
さすがって、こちらこそ「すごい」ね。

「献血なら針はもっと太いですし!針が皮膚を削って持
って行っちゃうんですね…」

左腕.jpg
(右の赤みがある瘡蓋は献血とは関係なく、中央のえく
ぼと、そのおよそ中間地点にある健康診断穿刺跡)


あ、なるほど。

そんなに深く考えたことなかったけれど、つまりそうい
うことなんでしょうね。




そして見てみると、その針の見た目の太さはかなり違う!

針が刺される感覚に違いを意識したことはなかったけれ
ど、やっぱり太い針を刺すってそれなりのことなのです
ね。

…っていっても意識しなければ違いが判らないくらいな
んだから、見た目印象からくる暗示効果もあるんじゃな
いかと思ってみたり。




そして遠慮してくれたのか、内側の血管に穿刺してくれ
た健康診断の看護師さん。


翌日、そのエクボにまた針が刺されるのでした。
(^^;



21-2-3献血.jpg

そして献血後、記念品に洗濯洗剤を頂いたのでした◎
ラベル:献血 えくぼ 暗示
posted by blomoya at 16:59| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

献血と伊勢茶とカレンダー

去る6日金曜日、献血へ行ってきました。

今回は119/71ー76



大禍なく、何気に献血できることのありがたさ。


そこでまた、何気に交わされるコミュニケーション。

今ここで、健やかに在る私を実感できるひととき◎



記念品に、伊勢茶のティーバッグと来年のカレンダーを
頂きました。

EC8A6A4C-B0D1-41E8-BBA1-26E95EAC2F73.jpeg

静岡茶でなく伊勢茶なところに大人の事情を感じつつ、
カレンダー…そんな時節なのですね☆
posted by blomoya at 04:22| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

献血とコミュニケーションとありがたさと珪藻土コースター

献血へ行ってきました。

今回は105/64−73


献血へ行けば、そこで当然受付してくれるかたや医師・
看護師さんたちとコミュニケーションを図ることになり
ます。




目的は献血であっても、現代医療に基づく新鮮な血液需
要に応えたいというのが本来であったとしても、そのコ
ミュニケーションの中で私という存在を見いだすことは
少なくありません。


氏名・血液型・生年月日を何回となく聞かれるというの
は取り違え防止の意味でもそうあって然るべきことと思
いますが、それらの一連から
「献血に来ている私・献血している私」というのを自覚
することができます。


顔見知りなかたとは心置きのない言葉を交わすことがで
き、最近入られたようなかたとは初々しさと心地の良い
緊張感を感じたりしつつ、やはり忌憚のないコミュニケ
ーションを楽しむことができます。


そうした場を頂けることがありがたいのです。




DVDはターミネーターニューフェイトをお願いしまし
たが、冒頭一時間弱くらいの記憶を辿りながら楽しんで
いる間に献血終了。

いつまでかかるのか…まぁ長く楽しませて頂けそうでは
あります♪




お約束の記念品に洗濯洗剤を頂いたのに重ねて、今回ま
たポイント交換。

新しく珪藻土コースターが入荷しました!ということで
それをお願いしました。

献血20-10-7.png

でもコースターを使う習慣なんてないんですよね;



洗濯ネットにふきんにシリコンマットに…献血ちゃんア
イテムが溜まってきています。

そのうちなんとかしましょう☆
posted by blomoya at 17:53| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

献血と何気ないありがたさ

献血に行ってきました。

今回は129/74−75


前回の献血時に予約した9月10日、あおば献血ルーム
へ出向きました。

受付を滞りなく済ませ、「ターミネーター・ニューフェ
イト」のDVDケースを受付でお願いし、前検査も問題
なくクリア。


さて…とお手洗いを済ませて、程なく声をかけていただ
き採血室へ。

ベッドに腰を下ろして余裕のある姿勢で、消毒してDV
D再生スタートしつつ…穿刺するポジションへ。採血す
る左腕には真ん中と内側の二本の挿しやすそうな静脈が
走っています。
どちらでも挿しやすいほうでいいですよ…
とはいつも伝えるものの、挿すことの多い真ん中の静脈
はそこがエクボのように窪んでしまっています。それに
配慮したのか看護師さんが選んだのは内側の血管。

分離器をスタートさせてDVD本編が始まって・一回目
の採血が始まって消えかけていた本編の記憶を掘り返す
ように映像を見ていて…

一回目の採血が終わって返血も後半の頃、映像にのめり
込んでいたので全然気が付かなかったのですがアラーム
が頻発していたようです。それは血流量低下を知らせる
アラーム。


鬱血して内出血を招いているような状況が想定されるけ
れど、内出血はもちろん穿刺した周辺に赤黒いしみが広
がることもなく痛みはおろかかゆみすらもなく、全く問
題の気配を感じることなくDVDに興じていた私。


あまりにアラームが頻発するので
「ここで中止しましょう」ということに。
あら残念。


都合三回予定の採血・返血サイクルが、一回目だけで中
止になってしまいました。

穿刺した針の先端が血管壁に近すぎたのかも…なんて看
護師さんが声をかけてくださいましたが、それならば返
血よりもむしろ採血ができない状態が予想される気がし
ます。左腕内側の静脈での献血は過去に何度も前例ある
ことなのに…。

血小板を多く持っている私なのでそれでもそれなりの血
小板量は採取できたようですが、それでもせっかくの機
会が中途半端に終わってしまった残念感は否めません。

ターミネーター・ニューフェイトも、記憶をたどってい
る最中での終了です。



それでも一回として、普通に記念品「樹の折り紙」を頂
くことができ。翌日の今日11日には血液検査の記録を
頂くことができました。

20-9-10献血.jpg


原因は不明ですが、どこかの何かがいつもとほんの少し
違っていたことで完遂できないできないこともある。

毎日何気に過ごしてしまいがちな日常ですが、実は絶妙
なバランスの上に成り立っている奇跡のようなことなん
だと、何気ないありがたさを思った私なのでした。


〜同日補足〜

その翌日である今日11日。
早くももう血液検査の結果が届いています。

…献血後二週間くらいで検査結果が郵便で届いていたこ
ろとは隔世の感がありますね☆

記念品はラップや中性洗剤など三種類からひとつ頂くこ
とができるとのことだったのですが、どれも今足りてい
るものだったので謹んで辞退しました◎
ラベル:献血 中止
posted by blomoya at 17:42| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

献血とバリウム造影と予約とおまけ

献血に行ってきました。

今回は121/70−72



昨日、勤務先の健康診断でバリウム造影付きの健康診断
がありました。

バリウムを飲むときって大抵下剤もセット。



献血の前日にそれってどうなんだろう…なんて思いつつ
伺ってみれば、
「病気・疾病疑いの検査ならともかく、健康診断での
それなら大丈夫ですよ」
とのことで、良かった〜と一安心◎



そして無事に挑んだ献血。

DVDはもちろんターミネーターの続きを…と思って、
ピックアップしたターミネーターのDVDケース。

そうしたらそれは「新起動・ジェニシス」だったようで、
前回観ていた「ニュー・フェイト」の続きを…と思って
いたら肩透かし;

話しのつながりが余計に解らなくなってしまった感じで
す。^^;



そして今回から、帰るときに次回の予約をしてくれた人
にはおまけが…お菓子袋な心尽くしを頂けるのだそう!

20-8-5献血.jpg


そこはもちろん抜かりなく、次回…来月9月上旬の予約
を入れてお菓子袋を頂いた私なのでした◎


moyaの日記
健康診断と人生初バリウム造影と体重変化とあすけんと献血
posted by blomoya at 17:39| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

献血と血管と生体の妙

7月9日木曜日、献血に行ってきました。

今回は116/66−69



献血中には「ターミネーター ニューフェイト」の続き
を楽しませていただきました。


少しづつ小間切れ・小出しにして、でも確実に物語が進
んでいることを理解することができます☆



最近の献血ルームあるあるですが(静岡市の献血ルーム
あおば限定?)…無料提供中の飲み物自動販売機(自動
提供機?)、その飲み物を頂こうと思っても操作しない
ように注意書きがあり、声をかけて献血ルームスタッフ
の方にその操作・提供をお願いすることになります。

その機械への接触を介したウイルス感染拡大に対する対
応策かと。


その代わりでもないのでしょうけれど、いろはすや伊右
衛門など…ペットボトルの飲み物を最初の受付時に一本
頂けるようになっています。

それもこれもウイルスの蔓延を妨げようとする一環。

コロナ禍が早く収束してくれるといいですね。





私はいつも、右腕で前検査の採血をして、左腕で献血を
しています。

理由は単純。左腕の血管・動脈は、太くて挿しやすいも
のが皮膚表面近くを二本も通っているから☆


二本のうち、中央付近を通っている血管へ穿刺すること
が多く、そこがまさに目印のようなエクボを形作ってい
ます。

でも今日はそのエクボではなく、二本走っているうちの
もう一本…ちょっと内側の血管を使った献血になりまし
た。


針の挿しやすさや血流具合など…献血に好ましい条件を
考えてもどちらの血管でも大差なく、その日その時に穿
刺する看護師さんの気分?…瞬間的判断に委ねられるこ
とになります。


そうして中央付近のエクボに穿刺することが多いのだけ
れど、今日は久しぶりに内側の血管への穿刺。

不具合も何もなく無事に献血完了。



蚊に刺されたほどでもない…いつもと違うわずかな痛痒
さが、今日は内側の血管へ穿刺したんだと私へ語り掛け
てきます。

生体の妙…人間の身体って本当によくできているもので
すね。





「ターミネーター ニューフェイト」の冒頭40分くら
いは観られたでしょうか。
観終えるまであともう三回ぐらいかかるでしょうか、
しばらく楽しませていただけそうです◎
posted by blomoya at 19:58| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

献血とターミネーターと年月と興味や衝動の薄れと血小板の多さ

6月11日木曜日。献血へ行ってきました。

今回は115/71−67。




緊急事態宣言解除な昨今…外出自粛意識も和らいできて
いるようで、受付開始時刻に合わせて伺ったところすで
に何人も受付完了していて、私の受付番号は13番!

先月の頃と比べたらだいぶ日常を取り戻してきている気
がしました。


献血中にGREEN DAKARAと、終了後にペーパ
ータオルとコーヒーを頂きました◎
IMG_0787.jpg



今回献血中にはDVDを鑑賞。

選んだタイトルは「ターミネーター ニューフェイト」

T2以降…T3の物語が今ひとつ飲み込めていないけれ
ど、話しはつながるかな?理解できるかな☆




シュワルツネッガーやリンダ・ハミルトン演じるサラ・
コナーは一目でそれとわかるものの、なにか素直に話し
がつながりません。

帰ってから検索してみたら、T2の正統な続編と言うコ
ピーが打たれています。


言えばT3の焼き直し…作り直しみたいな感じでしょう
か。

新起動/ジェニシスとか…それを私は観ていませんが、
いかにも迷走しているような。

なまじT3を観た記憶があるから、それが理解の邪魔に
なっているのかもしれません。




いつものように(?)採血量増量コースでも、都合一時
間強で終了。

当然DVDも冒頭一時間強で終了、物語り半ばで打ち切
りに。

話しの続きがどうしても気になる!…というようなこと
もないのはその作品だからなのか・その一時間強という
時間のせいなのか、はたまた興味や衝動の薄れてきた私
の年齢によるものなのか。




シュワルツネッガーやリンダ・ハミルトン演じるサラ・
コナーは、一目でそれとわかるものの…その風貌から…
前作から年月が経っていることを感じさせます。



それを観ている私にも同じ年月が流れているはずで、
相応年齢を重ねているはずで。

私の風貌はどう変化しているのか…自身では今ひとつわ
かりませんが、興味や衝動が薄れてきたことは感じます。


T2の日本公開は1991、当時私は二十歳前後。

当時から献血へは通っていますが、私の血小板は薄くな
ることなく多いまま今も相変わらず☆
posted by blomoya at 17:03| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

献血とコロナ禍と客足

献血に行ってきました。

今回は111/76−70


コロナ禍による緊急事態宣言下な今、血液製剤の需要は
増えることは想像できても減るのは考えにくい気がしま
すし、献血提供者はおよそ少なくなっているのかも知れ
ない…。

血液事業も緊急事態か…なんて思いつつ行ってみた静岡
市の青葉献血ルーム。


ここでもだーれも来なくって貸切だったらどうしよう;
…なんて思ったりもしたけれどさにあらず、朝一の開始
時刻待ちに私の他三人が列を作り。
受付開始してからもちらほらと献血者が見えている気配◎



なんて言ってもやっぱり足は重く・遠くなっているよう
で、その三人というのは皆ご予約者で、当日飛び込みの
献血者というのが最近はほとんどいないようです。

そうして、普段と違い土日など週末のほうが空いていた
りするのだそうです。

満床になったルームというのも時々目にしていましたが、
今日献血へいったときは半分以上が空いていました。



そして無事に献血終了。

記念品に歯みがきかキッチンペーパーのどちらかをとい
うことでしたが、歯みがきは以前ものがまだ残っている
しキッチンペーパーならもらっても無駄にすることはな
いだろうけど今使いかけのキッチンペーパーもあるし、
謹んで辞退させてもらいました。

2020-05-07.jpg



一般商店などは今日から営業再開されたところも多いよ
うです。


緊急事態宣言な勢いのまま土日が空いているか、或いは
従来な日常を取り戻し土日のほうが混んでいるか。

また来月に献血しようと思う頃、どんな塩梅かその時に
判断することにしましょう◎
posted by blomoya at 20:35| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

不要不急と献血

7日火曜日に献血へ行ってきました。
今回は127/77−80

私にしてみればそれは不要不急の外出になるのでしょう
けれど、そうして誰も献血しなくなったら血液事業が頓
挫してしまうのは明らかだし、まぁある程度は必要なこ
となのでしょうと思いつつ。


そうして問題なく献血することができました。

2020-04-07.JPG

血液検査・前検査の数値も最近良好です。



頂いた歯磨きは控え二番手に。

辞退する選択肢も普通に使わせていただけるといいので
すが。ww
ラベル:献血 不要不急
posted by blomoya at 19:24| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

献血に行ってきましたと「池江選手」と「トイレットペーパー買い占め」

去る五日木曜日、献血に行ってきました。

今回は129/70−100


こんなご時世だから?

献血に訪れる人はいつもより少ないって看護師さんが話されていました。



– grape [グレイプ
池江璃花子選手からの『お願い』に5万人から反響 「知らなかった」「協力します!」





池江選手に拠らずとも、それは昔からいろいろの多くの人が異口同音に語ってきていること。


それは今さら言うまでもない…ことのように感じてしまいますが、浸透しないそれは対岸の火事に過ぎないのでしょうか。



こんなご時世だからこそ…献血にいったほうが、トイレットペーパーなどを買い占めに行くよりも有効だと思ったりもします。

が。一般大衆心理はそんなものなのですね。


– grape [グレイプ
『トイレットペーパー買い占め』に店がズバリ 貼り紙の内容に「素晴らしい!」


2020-03-05.JPG

記念のお土産には歯みがきを頂きました◎
posted by blomoya at 15:15| Comment(0) | 献血 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする