健康食品、健康サプリメントならこちら!トクホ食品や栄養ドリンクや健康アイテムも!

2021年02月24日

供血犬と供血猫と環境

いつでも受け入れ可能な犬や猫の献血・供血ルームがあ
るはずもなく、それが必要なときに備えて飼育されてい
たりもします。

言われてみれば…当然なのでしょうが、犬にも猫にも血
液型があります。
犬は13種類以上、猫は3種類あるそうです。


それだけの数を常時飼育するのは現実的でないことです
し、数を減らしたとしてもその環境は過酷なものになる
こともあるようです。

ABCニュース:YAHOO!ニュース
【ABC特集】シロ12歳「供血犬」としての壮絶な過去 過酷な環境を生き抜いてたどり着いたのは・・・

Petpedia
【獣医師監修】供血猫・供血犬はどんな役割をしているの?献血ドナーの条件も解説



posted by blomoya at 11:22| Comment(0) | 献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

献血とメールと「動画:ありがとうの手紙」と「動画:鉄拳」と献血者数の推移と訴え

そうして頂いた献血結果のお知らせメール。そこに動画
リンクが貼ってありました。




YouTube
【日本赤十字社】ありがとうの手紙 From 献血で救われたいのち



同様な情報は私が献血を始めた頃…何十年も前から繰り
返し伝えられていること。



YouTubeの中で、鉄拳さんの献血啓発動画も見つ
けました。

YouTube
鉄拳 献血啓発パラパラ漫画「けんけつ」【日本赤十字社】




繰り返し伝えられていることなのだけれど、しかし未だ
に訴え続けなければならないのですね。


喉元過ぎれば…ではないでしょうが、私がやらなくても
誰かがやるでしょう…的に思ってしまうのは人情っても
のなのでしょうか。


YouTubeで「献血」と検索してみると、たくさん
の動画がヒットしてきます。





そんな動画の数と裏腹に、献血者・献血人口の減少が伝
えられています。

日本赤十字社
献血者数の推移(H25年度〜H29年度)




訴えが耳に届くといいですね。
posted by blomoya at 19:14| Comment(0) | 献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

うつのみや大通り献血ルームにペッパー配置

栃木県宇都宮市にある献血ルーム「うつのみや大通り献
血ルーム」に「ペッパー」が配置されたことが伝えられ
ました。

「ペッパー」と触れ合うことができる場所は多くありま
せんから、献血協力者の増加に寄与できるといいですね。

ルーム常設ではなく出張講師としての活用も予定され、
顕著な減少が伝えられる若い世代へのPRも考えられて
いるようです。

SankeiBiz
日本初!うつのみや大通り献血ルームに「ペッパー」入社!2016.8.15 17:10

栃木県赤十字血液センター「献血ルーム紹介
posted by blomoya at 16:35| Comment(0) | 献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

補助犬同伴受け入れへ

補助犬・介助犬を同伴されているかたでも献血すること
ができる試みが報じられました。

そうして同伴されているかたにとっては大事な「目」と
なる大切な・片時も離れがたい存在。

いずれ献血ルームでおとなしく伏せをして待っている介
助犬を見かけたら、心の中でエールを送ってあげたいで
すね☆

毎日新聞
補助犬同伴者の受け入れへ 名古屋の施設で訓練
posted by blomoya at 12:34| Comment(0) | 献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

日米中韓の高校生比較調査

日米中韓の高校生に対する調査結果が公開されています。

比較すると日本の高校生は献血はもちろんボランティア
意識が低いことが読み取れる調査結果になったようです。

比較して云々言うことではないと思いますが、あの国よ
りそうした割合が低い…と思うとちょっと切ない;

アウトドア・野外活動経験との関連も興味深いですね。

リセマム
日本の高校生、ボランティア経験少なく…日米中韓の高校生比較調査
posted by blomoya at 18:04| Comment(0) | 献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

供血猫ばた子の生涯と空から見ててねと日本動物高度医療センター

健康なかたから元気を分けてもらう献血。
それは人間だけでなく動物にもアリなのですね!

書籍にまとめられた供血猫ばた子の生涯。
sippoトピックス
ほかの猫を救った「供血猫」ばた子 生涯をつづる『空から見ててね』発売



もちろんそれは人の手が介在してのことなのですが。
…供血動物と具合の悪い動物を繋ぐ日本動物高度医療セ
ンターの存在を初めて知りました。

JARMeC日本動物高度医療センター「献血のお願い

動物の血液センターは法的に許されていないそうで、
動物の赤十字社と言ったほうがイメージは近いでしょう
か。
posted by blomoya at 12:47| Comment(0) | 献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする